戻る
平均律クラヴィーア曲集
第1巻

平均律クラヴィーア曲集
第2巻
ゴールドベルク変奏曲 

Japanese






English Home

Home
BGM The Well Tempered Clavier 2 no.14  Fugue Martin Reyto
Music Copyright (c) Martin Reyto 2003    
今日お送りする平均律クラヴィーア曲集 第2巻
The Well Tempered Clavier・・・・


美しい旋律を・・

The Well Tempered Clavier 2
Fugue  no. 14  fis moll  BWV 883



平均律クラヴィーア曲集第2巻14番のフーガは
3つの主題を持っていて、
平均律クラヴィーア曲集の中でも唯一の
3重フーガです。

3重フーガといえば、平均律クラヴィーア曲集第1巻4番の
嬰短調もそうですが、3声によるものはこの曲と
「フーガの技法」にしかみられない
貴重な存在です。

平均律クラヴィーア曲集第2巻の14番は
プレリュードの感情の豊かさ表情のこまやかさを受けて
フーガは、卓越した技法と旋律の美しさで
これにこたえています。
旋律とはこのように美しいものである・・
と、教えてくれているようですね。

わたしたちはこの第2巻の14番の
プレリュードフーガを聴いて
平均律クラヴィーア曲集のもつ意味を
心から理解するのでしょう。

J.S. Bach

The Well Tempered Clavier 
癒されたい平均律クラヴィーア曲集 第2巻の曲は・・