今日お送りする
やすらぎの
平均律クラヴィーア曲集


今日お送りするやすらぎの平均律クラヴィーア曲集 第1巻は・・

第1巻   Prelude & Fugue  no. 15   G Dur  BWV 860


ト長調はバッハにとって
気楽な感情表現のできる調でした。
絶えず流れる16分音符の分散和音
明るく軽快なプレリュードです。

このフーガは、長い主題を持つ堂々としたフーガです
奏法はそれほど難しくはありません。

バッハはこのような調性では
軽いタッチで書いた作品も
少なくありません。
プレリュードとフーガを2曲続けてお聴きください・・・

BGM 平均律クラヴィーア曲集 第1巻15番 プレリュード & フーガ
Iori Fujita




やすらぎの
平均律クラヴィー
ア曲集 第1巻


 Prelude & Fugue  no. 15   G Dur  BWV 860

第1巻の15番はプレリュードもフーガも元気があっていいですね。
始めから終わりまで勢いを感じます・・
曇りがちな日々にはこのような威勢の良い曲などは、
いかがでしょうか・・・?
それにしても、梅雨はいつになったらあけるのでしょうね・・・・

Home






English Home
過去にお送りしてきた
やすらぎの
平均律クラヴィーア曲集 第1巻
2声のインヴェンション Eng
3声のインヴェンション Eng  
2声のインヴェンション
3声のインヴェンション  
平均律クラヴィーア曲集
      第2巻

 
平均律クラヴィーア曲集
      第1巻

 
ゴールドベルク変奏曲 Eng
Partitas
French Suites
12の小さなプレリュード
ゴールドベルク変奏曲
6 の小さなプレリュード