English Home




このプレリュードを聴いていると音符の
一つ一つが雨音にきこえてきてなりません・・。
せつなく降り注ぐ雨・・・
旋律の中に言葉や感情が見えてくるようです。
坦々と刻まれていくバスに支えられて、
右手の3連音符は憂いを秘めた感情を
心ゆくまで表現しています。
左手の穏やかな支えを右手の音符達は
どんなに心強く感じていることでしょう・・・
このせつなく降り続ける音の雨に、
半音階の和音がきっぱりと
終わりのあることを告げてくれたのでした。



過去にお送りしてきた
やすらぎの平均律クラヴィーア曲集
第1巻
Home








今日お送りするやすらぎの平均律クラヴィーア曲集は・・・
Today's The Well Tempered Clavier・・・・



第1巻  Prelude & Fugue  no.6  d moll  BWV 851 



プレリュード
しっかりとしたリズムをきざむ左手。
その上に右手が
分散和音の中から、かすかに旋律を
浮かび上がらせてきます・・・
神秘的旋律。
バッハはこの手法を
とても気に入っていました・・・・ 
そして大胆な半音階進行が
このプレリュードの終わりを告げるのです。

フーガ・・
独特の主題で始まります。
ストレッタや主題の転回
とても複雑で手が込んでいる曲だというのに
素直でやさしい
旋律できかせてくれました・・・
愛おしいフーガですね。

BGM バッハ平均律クラヴィーア曲集 1巻6番  プレリュード&フーガ
Iori Fujita



J.S. Bach
やすらぎの平均律クラヴィーア曲集 第1巻
Today's The Well Tempered Clavier


第1巻  Prelude & Fugue  no.6  d moll  BWV 851
2声のインヴェンション Eng
3声のインヴェンション Eng  
2声のインヴェンション
3声のインヴェンション  
平均律クラヴィーア曲集
      第2巻

 
平均律クラヴィーア曲集
      第1巻

 
ゴールドベルク変奏曲 Eng
Partitas
French Suites
12の小さなプレリュード
ゴールドベルク変奏曲
6 の小さなプレリュード