「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」

「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」BWV846〜869は、1722年バッハが37才の時
に完成しています。  1722年といえば、バッハがケ−テンで宮廷楽長を努めていた
時代(1717年〜1723年)で、作曲家としての円熟の時代でもありました。  
また、生活環境の上でも大変充実しており、
バッハの生涯の中でも一番恵まれていた時代でした。

この7年の間に、バッハは「ブランデンブルク協奏曲」や「無伴奏ヴァイオリンのための
ソナタとパルティータ」などの器楽曲や、「インヴェンション」「イギリス組曲」「フランス組
曲」などのクラヴィーアの為の作品を、
弟子の教育の為あるいは家庭で楽しむ音楽として作曲しています。
「平均律クラヴィーア曲集」もまたその一つでした。


Bachは「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」の自筆譜の最初のページに、
次のような長文のタイトルを揚げています。
                 



   「平均律クラヴィーア曲集、すなわち長3度 ド・レ・ミ、および短3度つまり
  レ・ミ・ファ、をともに含む全ての全音と半音によるプレリュードとフーガ。 
 
学習に励む若い音楽家に、
  またすでに学習に熟達した人達には
その特別な楽しみのために利用され役立つように、
アンハルト=ケーテン公の宮廷
  楽長にして室内楽指揮者であるヨハン・セバスティアン・バッハが
  これを起草し作成した。1722年」



Bach は、この曲集が音楽学習者の為の教本であることはもちろん、
芸術作品としての「平均律クラヴィーア曲集」である,といっています。 
聴く人たちを旋律の魅力にさそう、

「平均律クラヴィーア曲集」を、ここに・・・・      



それでは、ピアノは 藤田伊織さん ハープシコードは John Sankeyさん
お楽しみ下さい。



平均律クラヴィーア曲集 全曲
第2巻

Index
平均律クラヴィーア曲集 全曲
第1巻

Index
Home
Eng Home
BGM J.S.Bach The Well Tempered Clavier  Prelude  no.14  by Iori Fujita
This is the site which listens to Bach's Clavier Music with many people.
I hope to have the same impression as many people.
やすらぎの平均律クラヴィーア曲集第1巻
やすらぎの平均律クラヴィーア曲集第1巻4番のプレリュードとフーガ
グレン・グールドの平均律クラヴィーア曲集
2声と3声のインヴェンション
Eng
平均律クラヴィーア曲集第2巻
イギリス組曲
フランス組曲
パルティータ
2声と3声のインヴェンション
ゴールドベルク変奏曲

12の小さなプレリュード
6の小さなプレリュード
J.S.Bach
The Well Tempered Clavier I
J.S. バッハ 平均律クラヴィーア曲集
第1巻

Sweet on Bach
Sweet on Bach「平均律クラヴィーア曲集」へ、ようこそおいでくださいました。
バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」を
やわらかな空間でお届けいたします。Sweetpea
(管

平均律クラヴィーア曲集 第2巻
平均律クラヴィーア曲集 第1巻
ハープシコードで聴く
全曲
John Sankey

平均律クラヴィーア曲集 第1巻
ピアノで聴く  全曲

Iori Fujita