銀座・・
銀座を歩いてみましょうか・・地下鉄の駅もいいけれど今日はJR山の手線の有楽町駅から歩き始めることにしましょう。数寄屋橋交差点を斜めに横断して、並木通りを歩いて行くことにしましょう。みゆき通りから交詢社通りをぬけて花椿通りまで歩きます。 このあたりはぶらぶら気の向くままに歩くのがいいのですね・・・歩きながら銀座の風格と威厳を持って建っている建築物に興味を持って、じっくりと眺めてみたりしましょう・・これがとても楽しいのです。 建築物を見て歩く・・その時代の最高の建築技術を持って建てられたに違いないちょっとすました建築物、見ているだけでもここで暮らした人たちのことがしのばれて感動してきます。建築物が人に感動を与えてくれるものだという事にも気づくのでしょう。花椿通りあたりからは銀座の路地裏が大変興味深くなってきます。小さなお店がひしめき合っていて、それぞれのお店のドア一枚に店主の思いが込められているのを感じます。 表通りの風格を持った建物達もそれはそれで銀座らしいと思いますが、この路地裏のお店達もそれは表情豊かで表通りよりもむしろ味わい深いと感じるかもしれません・・・銀座を歩くときには是非この路地裏も忘れずに歩きましょう・・・。そして歩いているうちに、お稲荷さんが多い事にも気づくかもしれませんね。 路地裏の小さなお稲荷さん・・ほとんど人の通らな路地にひっそりといる小さくて白い狐たちを見つけたらかわいさのあまり、思わず手をあわせてしまうのかもしれませんね。 そして一瞬タイムスリップしたような不思議な感覚に襲われるかもしれません。真昼だと言うのに薄暗いこの路地は不思議な空間です・・・いちど味わってみて下さいね。 銀座の裏を見たあとはもう銀座通りを悠々と歩きましょう。晴れた休日の歩行者天国の日だったら申し分ないですね・・。ストリートパフォーマンスも沢山いるので一つ一つを見ていると本当に楽しくて時間が過ぎるのをすっかりわすれてしまいます。 もう銀座をおなかいっぱい味わった気分になっているかもしれませんね。 あっという間に時間は過ぎ去っていて、夕暮れになっているのかもしれません。この夕暮れの淡いピンク色がまた銀座を去りがたいものにしてしまう魅力をもっているのです・・。夕暮れから始まる銀座のネオンの美しさにかなうものはないのでしょう・・・。行き交う人もまた入れ替わって、昼間とは別の表情を見せはじめます。 光って輝いて綺麗。 また来たいと思う銀座。

一休みしたいときは「和蘭豆」のコーヒーはいかがでしょうか・・ウィンナーコーヒーは、あつあつのコーヒーの上をとても冷たくてなめらかな生クリームがたっぷりと覆っていて、飲む瞬間のあつくて冷たいという感覚が絶妙です。 おなかが空いてきたら「ケテル」でビールにソーセージとジャーマンフライポテト・・というのもいいかもしれませんね・・ドイツビールが好きな人だったら、きっとこういう老舗ドイツ料理のお店はたまらなく好きになってしまうのかもしれません。 気楽にフランス料理を味わいたい時は・・・資生堂パーラーなどはいかがでしょう・・古きよき銀座の味オムライスは誰もが好きな味かもしれません・・。ワインと一緒に味わってみるのもステキですね・・。

銀座を歩いて、見て、食べて・・・時間がいくらあっても足りないくらい・・
何度でも行きたくなる・・帰りたくない・・銀座。

       * 2004年夏ドイツ料理の「ケテル」は閉店しました・・・残念でなりません。
                                                 
BGM J.S. Bach The Goldberg Variations Var.19  Iori Fujita
散 歩 道
原宿から渋谷へ・・
原宿から山手線沿いに渋谷方面に歩いてみましょう ・・ 原宿駅を出て明治神宮の鳥居を見たら山手   
線沿いに坂を下っていきます。 線路沿いの斜面には暖かくなってくると春の花が咲いて、 とてもきれ    
いです。今年も、もうすぐですね・・・菜の花や白くて小さな花がポカポカ陽気に照らされている姿を見    
ながら、どんどん坂を下っていきます。  それから、代々木公園沿いにNHKの方向に・・・ 意外と人  
通りも少なく悠々と歩けます。NHKの前まできたら公園通りを下っていきましょう。 午前中ならまだ人  
通りもそれほど多くはありませんから歩きやすいでしょう。緩やかにカーブしながら下っていく公園通  
り・・・この景色が私は好きです。  この坂を下から上ってくる人たちを、ゆるやかにカ−ブした道と周   
りのビルが包み込んで、まるで1枚の絵のように・・人通りも少ない朝にしか見ることの出来ない特別  
な景色。原宿からこの道を渋谷まで歩くいつもの通勤散歩道。ここから渋谷駅まではあと少し・・・
 
渋谷のにぎわいを通り抜け道玄坂下から道玄坂上に向かって坂を上っていく。坂の途中には自己主
張をしているお店がたくさんあります。 そのおもしろさを横目で見ながら坂をのぼる。上りきったら左
へ・・・旧山手通りを恵比寿方向に歩いていくと、 いつのまにかおしゃれな空気が漂ってきたことに気づ
くでしょう.。代官山界隈の始まりです。ここはデンマーク大使館、マレーシア大使館、エジプト大使
館など、大使館が多く外国人が多いのも特徴ですね。もう少し歩くと西郷山公園が見えてきます。こ
こは代官山のささやかな安らぎの空間です。さりげなくて、主張もしていないこの公園が私は好きで
す。この公園からはこの界隈の町並みを見おろすことができます。  無機質に続く建物の先に広が
っている青空、こういう風景はかえってほっとするものですね・・・この公園を過ぎたあたりからはもう
おしゃれな空間にはまってしまうでしょう・・・さりげない小径の先にあるちいさなお店、隠れ家レストラ
ン、洗練された建物、どの道を歩いてもきっと何かに出会える・・・新鮮な感覚が品格を持って主張す
る街、代官山・・・  

代官山・・・
原宿の駅で電車を降りて、表参道を青山通りに向かって緩やかに下って、また緩やかに上っていく。
この道が私は大好きです。早朝の表参道はお店も開店準備中、お花屋さんがお花を並べて開店の

準備をしていたり、カフェではきれいに椅子をならべてお客様を迎える準備をしています。 早朝のこ
の時間にこの道を歩くと表参道のもうひとつの顔を見ることができます。早朝の表参道を歩いている
のは出勤途中の人や犬のお散歩をしている人たち ・・・。 意外にも歩いているのはほとんど大人ば
かり・・・ 昼間の喧噪とは打って変わって信じられないほどの静寂ぶり。若者の街の気配などどこに
もありません。 一夜のうちに落ち着いた大人の街の空間へと変わっているのです。 ここから、 表参
道の緩やかな坂を上りきってそのまま進んでいくと岡本太郎さんのアトリエにも出会 えます。またジ
ャズ好きにはたまらない Blue Note もここにあります。  おしゃれな人ならこの界隈は歩きがいの
あるエリアですね。有名なケ−キ屋さんもレストランもこのあたりにはたくさん ・・・ それからもう少し
進んで青山墓地を通り抜け神宮外苑の絵画館前の銀杏並木にたどりつく ・・・ 大好きな散歩道

表参道・・
Home
Sweet Room